自分ではやりがいがあると思っていたが実はやりがい搾取だった。

繁忙店のサービス業でした。とても忙しく毎日疲れて帰っていました。
その割には給料が低く割に合わないとずっと思っていたのが辞めたかった理由です。
さらにその頃の状況は、個人経営でしたのでチェーン店はなく、人が足りないシフトでもヘルプに頼ることもできない中、ギリギリまで求人が出ることもなく万年人手不足でした。
ですので休みにくい環境でもあり、心情としては辞めたいのに自分が辞めたら他の人のシフトが増えて負担になると思っており、常に精神的にギリギリの状態でした。
そんな中で店長がカウンセリングという形で、従業員一人一人にマンツーマンで今思っていること、意見を聞いてくれる機会がありました。
私はそこで給料のこと、人手不足で毎日みんながギリギリなこと、その他もろもろ伝えました。
するとその1週間後にはクビなっていました。
その後も従業員のクビが相次ぎ、傾向としては昇格して給料が良かった(その額もたかが知れてますが)従業員がどんどん切られていったので事実上のリストラだったのかなと今では思います。
今どうなっているかは分かりませんがクビになってよかったと思っています。
忙しすぎて体調に異変がでたからです。
職場はストレスが高く、夜勤があるところでした。
1日働いてそのまま夜勤にはいり、翌日も昼まで勤務。時には勉強不足を補うためその後も夕方まで職場で調べ物をすることもありました。
最初は、自分のためだし、やりがいがあるとかんじていましたが少しずつ体調がおかしくなってしまいました。
最終的にはストレス性の不整脈がでて、仕事にも支障がでてしまい、、、もうこれ以上自分の体を犠牲にすることはできないなと感じ、辞めることを決意。
周りにも相談すると、やる気の搾取だね、
と言われ納得しました。給与は高かったので迷ったのですが、まずは自分の健康が大事だと考え、ストレスの少ない職場へと転職しようと決意しました。
仕事 毎日 罵声