事業に成功する人の特徴

しかしその頭からぴょこんと小さな目が入っているいけると確信した俺は役に立てないと思うぞ歳ブルライ玉兎京都市監査役に向いて会社を立ち上げた。
立ち上げた会社は順調なスタートを切った事業の方向性に迷った時俺は必ず苗木に相談しその目を見ることで会社の舵取りをした基幹事業は成長を続け新規事業も次々に立ち上がったそれに伴い従業員の数も増えた俺はない気に各部署をそれぞれ回ってもらって様子を見てもらった。
そして俺がそんな代議の様子を都度確認し芽が出ていないようならテコ入れをするそうやって会社は回っていた。
ナイキは仕事もできないのに監査役なんてなんかもうし どいていた欲のないやつだしかしそんな順調な日々は長くは続かなかった。