ドッグフードの新商品開発の裏事情

ドッグフードは最初から栄養バラスが計算されて作られているだけでなく、飼い犬の食いつきがいいので飼い主が安心して与えられる食材であるのは間違いありません。以前であれば人間と同じ食べ物をそのまま与えるというのが主流でしたが、実際は塩分が多くなってしまうので犬からすればいい食事とは言えませんでした。現在の状況では人間と同じ食事をそのまま与える人は少なくなっていて、犬に使える費用も多くなったのでドッグフードもいろいろな種類を与えることが可能になっていますが、このような新商品はどのような基準で開発されているのかを知っている人は多くないてしょう。実は新商品を開発してもそのまま市場に供給されるわけではなく、人間が実際に試食して最終判断を下しています。使われいる食材そのものは人間が食べても特に問題が無いので食べても害はありませんが、素材そのものの味しかしないため、はっきり言えば美味しくはないでしょう。味が付いていない理由は、犬そのものが元から食材をそのまま食べていることから味覚がほとんど無く、味を付けられても美味しいとは感じないからです。人間は全ての生物の中でも高度な味覚を持っているので濃い味付けを好むようになりましたが、動物はどれだけ人間と共同生活を続けても遺伝子レベルで体質が変化するわけはありません。このような理由からドッグフードにもほとんど味がついいませんが、新商品の開発の際に本物の犬を使っても本当に好んで食べているのか判断ができないため、特別な技術を持った人間が多くの犬が好む味かどうかを確認しているということです。

モグワンドッグフード