ドクターワンデルが口臭に効果的な理由

「Dr.WANDEL」シリーズは2019年3月より発売を開始。歯科領域を専門とした現役の獣医師との共同開発のもと作られた犬用デンタルケアジェルです。2020年8月にて累計販売総数10万本を突破。

ドクターワンデルは犬が舐めるだけで、口内の細菌や口臭の原因を取り除いてくれるので、歯ブラシでゴシゴシができなくても、虫歯や歯周病、口臭ケアに効果が期待できるので歯ブラシを嫌がるワンちゃんでも安心して使えます。

人間では歯がなくなってしまっても入れ歯やインプラントという対処方法が少なからずありますが、犬ではそれすらないため負担の少ないお口ケアをしっかりと行わなくてはと考えました。

ジェルタイプの愛犬用デンタルケア剤ですが、もちろん猫ちゃんも使用可能です。現役獣医さんと大学によって開発された愛犬用デンタルケアです。わんちゃんは歯磨きせずに放っておくと、下記の画像のように歯に着色したり、歯周病になってしまうので、歯磨き嫌いの子などは、ぜひ生活に取り入れたいところです。

ドクターワンデルが必要なのは分かったけど、なんか怪しいし「本当に効果があるの?」と疑問に感じている方は多いはず!

何もケアしてこなかったからかもしれませんが、黄ばみが気になって使用したところ日に日に白っぽくなっていき、1ヶ月でかなり黄ばみが目立たなくなりました。なめさせるだけより、少しこすりつける方が効きました。口臭については、いつの間にか特有の臭いが薄れていたのに気づいた感じです。