ダメージを

メイクアップのデメリット:皮ふへのダメージ。毎日毎日面倒くさい。化粧品代が嵩む。皮膚が荒れる。メイク直しやメイクする時間の無駄遣いをしているように思える。
現代社会を暮らす私達には、身体の中には人体に良くない影響をもたらすケミカルな物質が蓄積され、又己の体の中でも細胞を傷つける活性酸素などが発生していると言われているらしい。
美容外科における手術をおこなったことに対し、人には言えないという気持ちを持ってしまう方も割と多いため、患者のプライドやプライバシーを冒さないような気配りが必要だ。
本来、肌のターンオーバー(新陳代謝)は4週間毎のサイクルで、1日毎に肌細胞が作られ、何時も剥がれているのです。こうした「毎日の生まれ変わり」によって人の皮ふは若々しさを保ち続けています。
化粧の欠点:泣くとあたかも阿修羅のような恐ろしい形相になってしまう。うっかり間違えてもケバくなってしまい台無しになる。顔をごまかすには限界というものがあること。
全般的には慢性に経過するが、正しい手当により病状が治められた状態に保たれると、いずれは自然寛解が望むことができる病気なのだ。
硬直していては血行が悪くなります。最後には、目の下等顔中の筋肉の力が衰えます。顔全体の筋肉も適度にストレッチをして、時折緊張をほぐすと良いでしょう。
メイクアップではアザなどを隠す行為に専念せず、メイクを介して最終的には患者さんが自らの外見を受け入れることができ、復職など社会復帰すること、かつQOLをもっと高めることが目的です。
リハビリメイクという言葉には、身体の機能に損傷を受けてしまった人のリハビリに等しく、顔などの容貌にダメージをこうむった人が社会に新たな一歩を踏み出すために教わる技能という意味が込められているのです。
お肌の新陳代謝が遅れてしまうと、ありとあらゆる肌の老化現象や肌トラブルが出現します。シワ・濃くなっていくシミ・顔色の冴えないくすみ・目の下のくま・フェイスラインが下がるたるみ・目障りなニキビ・突っ張るような乾燥など、言い始めればキリがないでしょう。
もともと、健康なお肌の新陳代謝は28日周期で、365日肌細胞が誕生し、1年365日剥落し続けています。このような「毎日の生まれ変わり」によって人の肌は若々しい状態を保持し続けています。