• Home
  • /
  • お祭りの景品を手軽に購入できるお店

お祭りの景品を手軽に購入できるお店

お祭りの楽しみと言ったらくじ引きやビンゴゲームではないでしょうか。そしてそこで当たる様々な魅力的な景品、あるいは高校などの文化祭に出す模擬店もあります。そこで提供する景品などは、お祭りの参加者にとってとても魅力的な商品の一つです。祭が盛り上がるか否かは、景品にかかっていると言っても過言ではありません。しかしその一方、これらの商品をどのようにして調達すれば良いのかは悩みのタネでもあります。近くのお店で調達するのも一つの手ですが、予算はかかりますし、どうしても日常的な商品になってしまいがちです。最近は激安店が各地に進出していますので、それらをうまく使う方法もありますが、やはり全ての商品を激安店に頼ることも現実的ではありません。では、現実的な方法で魅力的な商品を提供する方法にはどのような方法があるのでしょうか。

プロの人たちはどのようにして商品を揃えているのか

まずは、プロの人たちがどのようにして商品を揃えているのか見てみましょう。ルートは様々ですが、確実で綺麗なものが手に入るのは、商業団地にある専門の卸問屋を使うことです。卸問屋と聞くとどうしても足が遠のいてしまいますが、基本的には一般の人でも利用可能です。ただし、一度に購入する個数が1箱であっても、12〜24個単位で入っていることがあり、中にはもっと多くの個数が入っていることもあります。ですが、コストパフォーマンスはかなり良く、商品だけでなくのれんやのぼりなどのディスプレイ、商品を入れる装飾なども買い付けることができる場合があります。学生が模擬店を行いたい場合は、念のため担任の先生や保護者の方と相談し、一緒に行くのが良いでしょう。お店の方はお祭りのプロですから、こちらの予算と内容を伝えればきっと満足のいく提案をしてもらえるでしょう。

ネット通販を活用してみましょう

先に紹介した卸問屋は、ネット通販で展開しているところもあります。欠点としては、実物を見ることができない、独自の決済システムだと安心して取引することができないなどがあると思いますが、足の届く範囲に店舗がない場合には有効な手段です。意外な例としては、オフィス家具を専門に扱っているような通販サイトで取り扱っていることもあります。会社によっては、地域還元の一環として祭りを実施している企業もありますから、数は多くないもののそれなりに必要となるものを揃えることも不可能ではありません。あるいは、オークションの活用も一つの手です。色々な目的で仕入れたものが余ったため、格安で出品されていることもあるでしょう。こういう情報を仕入れてみて、ぜひ充実した、楽しい祭りを実施してみましょう。

Back to Top