お祭りでの景品の種類について

夏や秋には全国各地でお祭りが行われて盛り上がりますが、それをさらに華やかに楽しませてくれる存在として景品があります。たくさん揃えておけば、それだけ渡す時に参加してくれるお子さんや大人の目を引くので喜んでもらえることが多くなっています。まず一番人気があるのは手頃なお菓子類でしょう。豊富にあるので組み合わせて小袋を作って渡すのも簡単です。おもちゃも市販されているものとは雰囲気が違いますが、それがまた縁日らしい空気をかもし出してくれます。光るようなものや、キャラクター物、昔懐かしいおもちゃなど、年齢も本当に小さな子供から少し成長した子供たちでも興味が出てくるものがたくさんあります。ラジコンなどの高価なものもあるので、特別賞などに使うとかなり盛り上がります。

参加する年代や性別も考えて準備しよう

景品もたくさんあるので、準備をする時にはどんなものを購入しておけばいいのか迷うものです。子ども会や地域内のお祭りであれば子供たちも男女いろんな子達が参加してくれるでしょうし、付き添いの大人もお母さんやお父さん、時にはおばあちゃんやおじいちゃんが手を引いてきてくれるという事もあります。ゲームやイベントに参加してくれる人たちのリストなどもあるでしょうから、どれぐらいの層が参加してくれるのか大まかにでもいいので把握しておくと、準備もしやすくなります。祭りは子供たちなど比較的若い年代の参加が多いので、お菓子やおもちゃを中心に用意することも多いですが、大人でも手に取って面白いと思ってもらえるようなものも準備しておけば、祭りへの評価も高まるのではないでしょうか。

種類は豊富に揃えておくと楽しみが広がる

参加してくれる方々のリサーチも終えたらいざ購入をするために景品のカタログなどを見るのですが、その時にはなるべくいろんな週類を揃えておくようにしましょう。お菓子は比較的ハズレが少ないのですが、だからといってお菓子ばかりあっても同じものばかりだという印象をもらった側に与えてしまいます。おもちゃも、スーパーボールのようなそれだけで遊べるものや、今流行っているようなテレビのキャラクターものなどいろんなものを混ぜておくと良いでしょう。女の子用であれば、ちょっとした小さなアクセサリーなども可愛らしくて喜ばれます。空クジなしにしつつ、大当たりなども1~3位ぐらいで用意しておくのも楽しめるでしょう。予算もありますが、来てよかったと思ってもらえるように工夫をすることが大切です。